りんご王国

りんごあるある

「のこや」
青森県りんご産業を支える
鋸目立て職人の想い

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)

「若手りんご農家の静かな挑戦
青森県りんご品評会」

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)
Filmed by Yuichiro Fujishiro(ringo-a.me) and HIROSAKI UNIVERSITY students」

弘前アップルパイガイドマップ
弘前市役所 弘前商工会議所 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 公益社団法人 弘前市物産協会

みんなで育てるりんご大百科
「りんごあるある」の木

りんご王国にはりんごのことなら何でもわかる、物知りなりんごの木があるよ。ここではあっと驚くりんごにまつわる様々な「あるある」をご紹介します。気になるものを調べてみよう!

「あるある」一覧

りんご王国担当大臣

弘前市役所には「りんご課」と呼ばれる課がある。特産品がそのまま一つの課になっていることはそんなに多くはないのでは?ちなみにりんご課長はりんごのカブリものをしてい...
詳しく見る

りんご車ってどんなクルマ?

6~7月は無駄な実を落とす摘果作業の時期。園内は無数のりんご幼果が転がっている。特に後半は実も少し大きくなって、ゴロゴロ散らかっており、不用意にこれに足を乗せよ...
詳しく見る

サン○○の「サン」って何?

品種によっては長期貯蔵向けに袋をかけた栽培をするものがある(有袋栽培)。同じ品種でも袋をかけず太陽の日をいっぱいに浴びて栽培することもある(無袋栽培)。この無体...
詳しく見る

蜜入りりんご好きですか

りんごの熟度のバロメーター「蜜」。品種によって蜜の入らないものも多いが、最もポピュラーな「ふじ」などは蜜を美味しさの指標とすることが多い。消費宣伝などで「蜜だら...
詳しく見る

品種あるある

数多く有るりんごの品種にも「あるある」がいっぱいあるんじゃぞ~。 「世界一」は世界一大きいわけではない。 「千雪」は皮をむいた後も変色しにく...
詳しく見る

アブラムシと友達になるには

春から7月くらいまでりんごの枝にもアブラムシがつく。なぜこの期間かというと、それはりんごの枝が新たに伸びる期間だから。アブラムシはこのやわらかい枝が大好きで、こ...
詳しく見る

りんごの実と芽

りんごの樹は花を咲かせ、実を生らせる。これは毎年繰り返されるが、では、いつ次の年の準備ができるのか。りんごの実があるとそれにばかり目が行きがちだが、実は初夏から...
詳しく見る

自慢の作品並ぶりんご品評会

例年12月最初の週末、青森県全域から最高のりんごが集まる「青森県りんご品評会」が行われる。生産者個人または地域の団体が一作品32個の厳選したりんごを持ち寄る。団...
詳しく見る

りんごの樹は水鏡

「TR率」という言葉は樹の地上部と根の比率のことだが、なんと、地上部の枝とほぼ同じ方向に根が張っているのだ。冬の剪定時、時には大きく剪去し樹の姿を変えてやること...
詳しく見る

元祖りんごアート

りんご炭・りんご草木染・りんごの樹を生かした工芸品など、りんごに関するアート作品は様々ある、元祖りんごアートといえるのが「絵文字りんご」。有袋栽培(袋をかけた栽...
詳しく見る

台風からりんごを守れ

災害はいつの時期も望まないものだが、収穫直前に冬から秋まで大事に育てたりんごたちが災害に見舞われるのは居たたまれない気持ちになる。降雹、凍害、雪害など様々あるが...
詳しく見る

深夜の妖しい灯火

春、りんごのつぼみが発芽してから幼果期までは霜害に要注意。夜温が2~3度より下回りそうな時は、最も気温が低くなる深夜から夜明け前までの間、燃焼資材を燃やして霜害...
詳しく見る

樹のガン「腐らん病」を撲滅せよ

感染すると樹皮を壊死させる腐らん病。枝に発病した際は切り落として焼却。幹に出た場合は病斑部を処置するのだが、その方法は様々。病斑部を削り取り、殺菌塗布剤...
詳しく見る

空飛ぶお手伝いさん

受粉作業を手伝ってくれるマメコバチ。生産者によっては100%マメコバチ頼みで受粉作業を終える人もいるくらい働き者のハチだが、気温が低いと活動が鈍ることと、樹冠の...
詳しく見る

肥料は香水?

樹の維持に必要な肥料。一般的には配合肥料を撒くが、最近は配合肥料も有機質の含有量が増えている傾向にある。化成肥料は嫌われがちだが、ある程度は樹勢維持のため必要な...
詳しく見る

観察眼

生産者は実が生っていない状態の樹を見ただけで、その枝ぶりや樹皮の色、葉の状態などからなんの品種であるかが判別できる人もいるという。自分の園地はすべて頭に入ってい...
詳しく見る

手袋

りんご栽培は作業が様々で、その分手袋も使い分けているのじゃ。 指先重視の手袋、手の保護重視の手袋、防寒手袋など。 しかも晴天時と降雨時で使い分けるので、...
詳しく見る

「バケ」ってなに?

りんご収穫や資材運搬のため使われる運搬車。農機具メーカーで製造された便利で立派なマシンもあるが、結構見かけるのが「お化け」とか「バケ」と呼ばれる、軽トラのオープ...
詳しく見る

SSとは?

スピードスプレーヤ。薬剤散布のマシン。どのメーカーも、ほとんどが赤い色のボディで非常に高価なことから「畑のフェラーリ」と呼ばれるが、スピードは出ない。このスプレ...
詳しく見る

農家の一服

ほとんどのりんご農家では午前と午後に休憩の時間がある。シートを広げて座ったり、ハシゴに腰かけたり。そしてジュースやお菓子を広げ、会話を楽しみながらホ...
詳しく見る

りんごゼロエミッションプロジェクト

弘前を代表するりんご産業を、果実だけではなくまるごと商品化するために、捨てるところがない仕組みを構築するための取り組み。りんごの実や枝を炭化させ、アート...
詳しく見る

ラーメンにもりんご?

弘前りんご公園のレストランや弘南電鉄中央弘前駅などには「りんごラーメン」がある。見た目は一般的な中華そば。その麺にはりんごが練りこんであり、スープの醤油はりんご...
詳しく見る

りんご農家の暖房

薪ストーブが圧倒的に多く、数千円の安価なものから、鋳物製の高価なものまでさまざま。りんご園からは毎年必ず薪がとれ、剪定で切られた細めの物から、数十年の役...
詳しく見る

りんご園が銀色に!

赤色りんごの着色管理に必要不可欠なのが反射シート。通称「シルバー」。アルミホイルのような銀色のシートを木の下一面に敷く。最近は強すぎる紫外線を嫌って、や...
詳しく見る

着色手入れに役立つ意外なもの

りんごをまんべんなく着色させるため、青い部分を日に当ててやる「ツル回し」。枝に寄り掛かったりんごはそれによって固定できるが、プランとぶら下がっているりんごは手を...
詳しく見る

ページ上部へ戻る