りんご王国

りんごあるある

「のこや」
青森県りんご産業を支える
鋸目立て職人の想い

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)

「若手りんご農家の静かな挑戦
青森県りんご品評会」

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)
Filmed by Yuichiro Fujishiro(ringo-a.me) and HIROSAKI UNIVERSITY students」

弘前アップルパイガイドマップ
弘前市役所 弘前商工会議所 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 公益社団法人 弘前市物産協会

みんなで育てるりんご大百科
「りんごあるある」の木

りんご王国にはりんごのことなら何でもわかる、物知りなりんごの木があるよ。ここではあっと驚くりんごにまつわる様々な「あるある」をご紹介します。気になるものを調べてみよう!

「あるある」一覧

農家に喜ばれる鳥

フクロウが巣を構えるのは樹の内部が朽ちて大きな穴になっている老木。雛はかわいいし、ネズミは捕ってくれるし、フクロウを嫌う人はほとんどいないじゃろうな。ただ、かわ...
詳しく見る

かわいいけど…どうしよう

徒長枝(バヤ)を整理するまでの夏の間、その茂った中に鳥が巣食うことが多々ある。さてバヤを整理しようとするとき、巣が空だとホッとするが、問題は卵や雛が入ってる場合...
詳しく見る

収穫には手かご

最近は欧米式の収穫袋(胸に下げ、もぎ取ったりんごを入れ、箱にあける時は下端を開放する物)を使う人も出てきたけれど、やはり定番は手かご。ほとんどがプラスチ...
詳しく見る

りんご農家の意外な能力

りんご園の物置小屋程度なら自分で建ててしまう人が結構多い。農機具だけでなく、ユンボやショベルを自在に操る人も結構多い。 土木工事に長けた人が多く、ちょ...
詳しく見る

続・りんご園のユニフォーム

冬のユニフォームは防寒着に防寒長靴、防寒手袋が基本。そして忘れてはいけないのがサングラスと日焼け防止グッズ。サングラスは雪目防止と目に枝がぶつからないように。日...
詳しく見る

男女で違う、りんご園のユニフォーム

女性は日焼け防止のためサンバイザーなどツバ付のものに更に白風呂敷をかぶるのが基本形。さらに一枚布の大型マスクを着用で完全防備の人も珍しくない。着衣は上下ヤッケが...
詳しく見る

りんご園の人々の生態

休憩時間が近くなると時計が気になって仕方ない。休みの日もいつもの時間で腹が減る。気候によってりんごの生育が平年とズレると、休みが取れず憂鬱になる。特にGW&弘前...
詳しく見る

りんごの持つ色素の不思議

幼果期、赤色系りんごが青くて、黄色系りんごが赤い。黄色系りんごに袋をかけて栽培すると、なんと、ほとんどが赤色を発する。現代、食べておいしい黄色りんごに袋をかける...
詳しく見る

接木(つぎき)

接木は苗木を作ったり、既存の樹を品種更新するために不可欠な技術。必要な道具は接木ナイフと接木テープと穂木(増やしたい品種の枝)、基本的にこれだけ。接木にはりんご...
詳しく見る

りんごの種を植えると?

りんごを食べた後、その種を撒くと芽が出て数年後には実が生る。でもそれは食べた品種と違う新しいものが生り、さらに同じりんごからとった種でもそれらも皆違うものになる...
詳しく見る

人工授粉

りんごの花は自家受精しないので、他の品種の花粉を交配することが重要。 りんごの実を輪切りにすると、5つの種の部屋があるじゃろ? 交配によってそこに種を入...
詳しく見る

雨具へのこだわり

よほどのことで無い限り、降雨による作業休みは無いので、雨合羽にはこだわりがある。必要なのはムレない・軽い・耐摩耗性。最高級はゴアテックス製。そこまでいかなくても...
詳しく見る

剪定あるある

冬場の剪定でも「あるある」は多数存在する。新品の鋸(ノコギリ)の刃に替えた時に限って金物に当ててしまい、一発KO。厳寒期でも知恵熱で頭から湯気が出るほど集中する...
詳しく見る

草刈り中の農家

草刈りはりんご農園にとって大事な作業。しかしその作業中にも色々な「あるある」があるぞ。刈刃にヘビが絡まるときがある、伸びた草の塊に突っ込んでいくと、大量の花粉が...
詳しく見る

冬はどうやってりんご園へ?

冬の農道は殆んどが除雪されていないので、車で乗り付けることのできる園地や、歩いても近い園地から剪定作業を開始する。春に開通しだい園地を移っていくわけじゃ...
詳しく見る

農家の役得

生産者の中でも年配の人ほどりんごをよく食べる。食べすぎて糖を指摘される人も。毎日りんご1個で医者を遠ざけ、3個で医者に注意される。若手は出来を確かめるために食べ...
詳しく見る

プライド?見栄?

アップルロードなどの道路沿いのりんご農地は、他人から見えるところほど丁寧な栽培管理が施されているという。はて、どうしてなんじゃ?...
詳しく見る

りんごの活用法

食べるだけじゃもったいないのがりんごの凄いところ。ジャガイモの袋にりんごを入れて密閉すると、ジャガイモの発芽を抑制する。 キウイフルーツやバナナなど追熟(収穫...
詳しく見る

多すぎ?りんごの品種

生産者でも、聞いたことも見たことも食べたこともない品種が結構あるのというのが、りんご品種あるある。産地市場には80以上の品種が出荷されるというが、生産現場ではほ...
詳しく見る

りんごは葉が命

樹全体に養分を行き渡らせ、りんごの実を大きくおいしくする大事な働きを持つのが葉っぱ。実への養分供給はその実の前後併せて1mの範囲の枝葉で賄うという。「芸能人は歯...
詳しく見る

野生動物との戦い

山手の産地では熊や猿の被害が深刻で、平成28年現在、山を背負っているりんご園では少なからず猿の姿を見るようになったといわれるようになった。20年前は白神山地に最...
詳しく見る

農業青年大忙し

地域に根差し生活する農業者。若手はあてにされることも多く、あらゆる団体から引っ張りだこ。 農協青年部・りんご支会・共同防除組合など、農業関係だけでも複...
詳しく見る

箱に入るまで 生産者の思い

大事に手入れして育て上げるりんご。時には雪害や台風などの自然災害に遭い落胆し、時には出来のよさに小躍りする。収穫して箱に収まるまで安心できない。相場に左...
詳しく見る

りんごの一年

「仕上げるまで一つのりんごに何十回も手間かけるんだぜ!」とよく耳にする話だが、果たして実際のところは? 剪定・切り口保護剤塗布・枝片付け・まき割り・施肥・人工...
詳しく見る

農道の風景

「農耕車優先」看板を無視してカッ飛ばす一般車。りんごの作柄が気になってわき見運転する人。顔見知り対向車どうし止まって、会話を楽しんでいる人たち…。のどかな農村の...
詳しく見る

ページ上部へ戻る