りんご王国

りんごあるある

「のこや」
青森県りんご産業を支える
鋸目立て職人の想い

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)

「若手りんご農家の静かな挑戦
青森県りんご品評会」

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)
Filmed by Yuichiro Fujishiro(ringo-a.me) and HIROSAKI UNIVERSITY students」

弘前アップルパイガイドマップ
弘前市役所 弘前商工会議所 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 公益社団法人 弘前市物産協会

「ふじ」育ての親-齋藤 昌美
(さいとう まさみ・1918年弘前生まれ)

「ふじ」育ての親-齋藤 昌美<br>(さいとう まさみ・1918年弘前生まれ)

世界的な品種となった「ふじ」。
食味は優れているものの、着色が悪いなどの理由から青森県では普及に踏み切れずにいた。

それを栽培技術によって一人前にしたのが齋藤昌美氏。ふじの枝を他の生産者にも分け与え、普及にも貢献。りんごの神様と呼ばれていた。他にも高接病(たかつぎびょう)という樹の病気克服法を考案したり、高度な剪定(せんてい)技術を広く指導したり、りんご産業への貢献は非常に大きい。

齋藤昌美氏に師事した人は市内・県内はもとより県外にも多数おり、その方たちが現在後継の指導にあたっている。つまり現在の生産者にとって剪定(せんてい)法の源は齋藤昌美氏。偉大過ぎて同じ樹を作っているとは言えないが…。師弟関係を著した系統図が存在するらしいが、門外不出なのか。機会があれば拝見したいものじゃのう。

りんご王国の王様によるりんごあるある

みんなの「あるある」
大募集!

「りんごあるある」の木はまだまだ成長途中の小さな木。
みんなの知識を集中させて、どんどん「あるある」の実をつけていこう!

※本投稿はサイト内への掲載を約束するものではございません。
※投稿いただいた「あるある」の中から審議を行い、後日反映させていただきます。

ページ上部へ戻る