りんご王国

りんごあるある

「のこや」
青森県りんご産業を支える
鋸目立て職人の想い

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)

「若手りんご農家の静かな挑戦
青森県りんご品評会」

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)
Filmed by Yuichiro Fujishiro(ringo-a.me) and HIROSAKI UNIVERSITY students」

弘前アップルパイガイドマップ
弘前市役所 弘前商工会議所 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 公益社団法人 弘前市物産協会

津軽での呼び名

津軽での呼び名

りんご栽培の中には独特な呼称が多く出てくる。就農間もない若者や、他県から勉強に来る人などはこれに戸惑いを覚えることも多いとか。枝先のことを「ウラ」という。裏のことではなく先っぽを表す言葉としてウラがある。徒長枝(とちょうし=一年で伸びすぎる利用価値の低い枝)を「バヤ」と呼ぶ。乱立してバヤバヤ見えるから。幹のことを「ドギ」という。これは胴木の意味。樹の成長よって古い樹皮が浮き上がる粗皮のことを「カビ」という。このほかにもたくさん。りんごを学ぶにはネイティブな津軽弁の理解が必要ということじゃ。うーん、難しいのう。

りんご王国の王様によるりんごあるある

みんなの「あるある」
大募集!

「りんごあるある」の木はまだまだ成長途中の小さな木。
みんなの知識を集中させて、どんどん「あるある」の実をつけていこう!

※本投稿はサイト内への掲載を約束するものではございません。
※投稿いただいた「あるある」の中から審議を行い、後日反映させていただきます。

ページ上部へ戻る