りんご王国

りんごあるある

「のこや」
青森県りんご産業を支える
鋸目立て職人の想い

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)

「若手りんご農家の静かな挑戦
青森県りんご品評会」

「Produced by RINGOAME-MAN(ringo-a.me)
Filmed by Yuichiro Fujishiro(ringo-a.me) and HIROSAKI UNIVERSITY students」

弘前アップルパイガイドマップ
弘前市役所 弘前商工会議所 公益社団法人 弘前観光コンベンション協会 公益社団法人 弘前市物産協会

アブラムシと友達になるには

アブラムシと友達になるには

春から7月くらいまでりんごの枝にもアブラムシがつく。なぜこの期間かというと、それはりんごの枝が新たに伸びる期間だから。アブラムシはこのやわらかい枝が大好きで、この好物を見つける手段は色の違いだといわれている。前年までの枝は茶色、新たに伸びる枝は黄緑色。アブラムシの遺伝子に「色の薄い部分が餌だよ」ということが刷り込まれているのだろう。
なので、アブラムシと友達になるには黄色や黄緑色のシャツを着て園内に滞在することとなる。他の人よりもシャツにくっつく数が多いのだとか。お試しあれ。えっ、やりたくない?

りんご王国の王様によるりんごあるある

みんなの「あるある」
大募集!

「りんごあるある」の木はまだまだ成長途中の小さな木。
みんなの知識を集中させて、どんどん「あるある」の実をつけていこう!

※本投稿はサイト内への掲載を約束するものではございません。
※投稿いただいた「あるある」の中から審議を行い、後日反映させていただきます。

ページ上部へ戻る